歯科技工士学科専攻科生体技工専攻

募集人員10名 2年制

アドミッションポリシー

  1. チーム医療で他職種と協働していくためのコミュニケーション能力を身につけたい人
  2. 国家資格を生かし、より実践的で高度な歯科技工技術の修得に意欲と探求心がある人
  3. 歯科医療の一翼を担う歯科技工士界のリーダーとして、社会に貢献し、自立したいという強い意志を持つ人

入学試験

試験日程

試験区分出願期間試験日入学手続期限
第1回2022年10月3日 ~ 2022年10月13日2022年10月15日2022年10月28日
第2回2022年11月28日 ~ 2022年12月8日2022年12月10日2022年12月23日
第3回2023年1月30日 ~ 2023年2月9日2023年2月11日2023年2月24日
第4回2023年3月6日 ~ 2023年3月15日2023年3月17日2023年3月24日
第5回2023年3月20日 ~ 2023年3月28日2023年3月30日2023年4月3日

 

出願資格

次のいずれかに該当する者

  1. 歯科技工士養成機関である短期大学を卒業、または2023年3月卒業見込みの者
  2. 歯科技工士養成機関である専修学校の専門課程を卒業、または2023年3月卒業見込みの者のうち大学に編入学できる者

 

出願資格審査

在学中に学位取得を目指す方は、事前に所定の単位を修得している必要がありますので、お問い合わせください。

 

試験科目および時間割

8:30 ~ 9:009:30 ~ 10:3010:50 ~ 12:0013:00 ~
受付小論文
(100点)
面接
(100点)
実技 ※
(100点)
  • ※歯科技工に関する実技を行います。(明倫短期大学歯科技工士学科卒業生及び卒業見込者は実技試験免除)
    注)実習衣、ペナントナイフ、彫刻刀、クラスプ屈曲用プライヤー、ワックススパチュラ、ニッパ、その他必要と考えられる歯科技工器具を持参してください。

入学者選抜の方針

実技、小論文、面接、提出書類をもって、総合的に選抜します。

合否発表

合否は試験日より6日以内に速達郵便で通知します(第4、5回入学試験は、試験当日に投函し、合格者の方には併せて電話にてご連絡します)。

入学手続

合格者に送付される入学手続要項に従い、所定の期間内に指定された書類の提出、および学費(入学金)を納入して入学手続を完了してください。なお、一度納入された入学金については、いかなる場合でも返還できませんので、あらかじめご了承ください。

学費・教材費

学費

学年入学金授業料実習費納入期限
1年次100,000円100,000円入学手続期限
400,000円250,000円650,000円3月20日(※)
2年次400,000円250,000円650,000円3月1日

 

教材費(2022年度参考値)

学年模型実習材料費納入期限
1年次32,637円4月中旬
2年次42,031円4月中旬

上記以外にも、新潟県内・県外のインターンシップに係る交通費、滞在費等は個人負担となります。
※納入期限/第4回入学試験:2023年3月24日、第5回入学試験:2023年4月3日
注1)明倫短期大学卒業生は入学金免除
注2)在学中に学費改定が行われた場合には、改定時から新学費が適用されます

 

その他費用

学年学生保険料(※1)学生会費(※2)後援会費(※3)納入期限
1年次7,000円3,000円12,000円3月20日(※4)
2年次7,000円3,000円12,000円3月1日

※1 保険期間1年間、年度毎の納入
※2 学生会が行う事業の運営費用
※3 後援会が行う事業の運営費用
※4 納入期限/第4回入学試験:2023年3月24日、第5回入学試験:2023年4月3日

奨学金等

教育ローン利子給付奨学金(返還不要)

本学専攻科生を対象とした奨学金制度で、金融機関の教育ローンを利用して学費等の振込をした場合、入学金、授業料、実習費の年額の合計額を上限とした借入金に相当する支払利子額を明倫短期大学奨学金として支給します。
 

日本学生支援機構奨学金(給付型)

名称給付奨学金
奨学金月額第I区分<自宅通学※1>
38,300円(42,500円)
<自宅外通学>
75,800円
第II区分<自宅通学※1>
25,600円(28,400円)
<自宅外通学>
50,600円
第III区分<自宅通学※1>
12,800円(14,200円)
<自宅外通学>
25,300円
出願資格日本学生支援機構が定める学力基準、収入基準を参照
募集時期春と秋

上記内容は2022年度のものです
※1 生活保護を受けている生計維持者と同居している人及び社会的養護を必要とする人で児童養護施設等から通学する人はカッコ内の金額となります。

日本学生支援機構奨学金(貸与型)

第一種奨学金

所得連動返還型無利子奨学金を含む

奨学金月額<自宅通学>
2・3・4万円、5万3千円のいずれかを選択
<自宅外通学>
2〜6万円のいずれかを選択(1万円刻み)
利子
出願資格日本学生支援機構が定める学力基準、収入基準を参照
返還卒業後11〜20年以内
募集時期4月

第二種奨学金

奨学金月額自宅・自宅外に関係なく次の月額から選択
2〜12万円(1万円刻み)
利子
出願資格日本学生支援機構が定める学力基準、収入基準を参照
返還卒業後11〜20年以内
募集時期4月

新潟市奨学金(対象:本人又は本人の保護者が新潟市内に居住している学生)

奨学金年額400,000 円 (無利子)
出願資格・学力基準、家計基準を満たすもの
・日本学生支援機構等の他の奨学金と併用可
返還卒業後
9年以内
募集時期6月

上記内容は2021年度のものです
 

同窓ファミリー修学支援奨学金(※出願時申請)

減免額50,000円(※)
出願資格本学及び前身である歯友会歯科技術専門学校の卒業生・在学生の子、孫、兄弟姉妹、甥、姪、いとこ
申請方法入学試験出願の際に入試センターにご連絡ください。

合格通知とともに減免通知書を同封いたしますので、指定の期日までに減免後の入学金をお振り込み願います。

※他の減免型奨学金との併用不可。
 

同窓生推薦修学支援奨学金(※出願時申請)

減免額25,000円(※)
出願資格本学及び前身である歯友会歯科技術専門学校の卒業生の知人で、将来の歯科技工士または歯科衛生士としてふさわしい人材であると卒業生が推薦された方
申請方法入学試験出願の際に入試センターにご連絡ください。

合格通知とともに減免通知書を同封いたしますので、指定の期日までに減免後の入学金をお振り込み願います。

※他の減免型奨学金との併用不可。
 

歯科医師推薦修学支援奨学金(※出願時申請)

減免額25,000円(※)
出願資格歯科医師の方より、将来の歯科技工士または歯科衛生士としてふさわしい人材であると推薦された方
申請方法入学試験出願の際に入試センターにご連絡ください。
合格通知とともに減免通知書を同封いたしますので、指定の期日までに減免後の入学金をお振り込み願います。

※他の減免型奨学金との併用不可。
 

留意事項

※卒業生ご本人が他学科へ進学した場合は、入学金は全額免除となります。

※減免型の奨学金(同窓ファミリー修学支援奨学金、同窓生推薦修学支援奨学金、歯科医師推薦修学支援奨学金)について、出願期間経過後の申請は受理できませんのでご注意ください。