明倫短期大学エディケーショナルポリシー

入学から卒業、卒業後を見据えた基本方針

明倫短期大学は、歯科技工士、歯科衛生士という、我が国においてこれからますます大切になる役割を担う医療技術者を育成するため、これら誇りある職業をめざそうとする意欲をもつ皆さんの入学を歓迎します。
歯科技工士、歯科衛生士は「国家資格」です。国家資格とは「法律に基づいて国が実施する試験により、専門の知識や技能が一定の段階以上に達していることを確認し、その結果、専門職としてその業務を行うことを許可する」ものです。
国家試験に合格した方のみが資格を手にし、それぞれの業務を行うことを許されます。国家資格を持たずにそうした業務を行うことは違法とされます。言い換えれば他の公的資格や検定などと違い、国家資格を有して業務を行う方は「国によって保護されている」のです。
明倫短期大学は、歯科技工士、歯科衛生士を養成・育成する使命を担う短期大学として次のような教育を行い、国家資格取得をめざした対応を行います。

1.入学者選抜

本学の入学者の受け入れについては、歯科技工士、歯科衛生士の国家資格取得とそれぞれの職種への就業意欲を重視しています。

2.基礎力向上のために

それぞれの国家試験に合格するためには、本学で学ぶ専門科目のほか、最低限の国語の知識が必要です。このため入学後の基礎教育において徹底してその能力の向上を図ります。

3.国家試験合格と医療技術者養成のために

本学の教育課程においては、すべて国家試験に合格することを目標に、意欲ある学生と向き合って理解・実践できるまで指導を行います。これによりそれぞれの国家試験の合格はもちろんのこと、社会から求められる医療技術者の養成を図ります。

4.国家試験合格を目指す教育

本学の教育は国家試験の合格を目標とすることから、指導者が綿密な教育を、最善を尽くして行います。国家試験に合格できる基礎知識・技能を獲得したことを客観的に評価するため、各学年において進級等の判定を行い、次学年への教育を円滑にすすめるようにします。

5.使命を果たすために

本学の教育課程を経て国家試験に合格するため、教育課程外の指導も行います。さらに歯科技工士、歯科衛生士を養成・育成する使命を担う短期大学として、合格・卒業・就業後の支援も手厚く行っていきます。

2020年度 募集学科

歯科技工士学科

修業年限 2年

募集人員 30名(2020年度入学者より変更予定)

アドミッションポリシー

歯科技工の専門職を目指そうとする、以下のような資質を備えた人を求めている

  • 思いやりがあり、歯科技工士になりたいという強い意志を有している人
  • 最後までやり遂げる責任感と忍耐力があり、科学への興味を持ち、ものづくりに挑戦する創造性豊かな人
  • 健康の維持・増進のために社会に役立ちたい人

歯科衛生士学科

修業年限 3年

募集人員 60名(2020年度入学者より変更予定)

アドミッションポリシー

歯科衛生士学科では、歯科衛生士の専門家を目指そうとする、以下のような資質を備えた人を求めている

  • 生命の尊さを自覚している人
  • やさしさと思いやりと何事にもめげない強い心のある人
  • 何事にも前向きに取り組む姿勢の人
  • 生命科学を基礎として、まじめに勉学にはげもうとする人
  • 健康の維持・増進のため、歯科衛生に強い関心のある人
  • 歯科医療の分野で、社会に役立ちたいと思っている人

試験会場

明倫短期大学

〒950-2086

新潟県新潟市西区真砂3-16-10

電話 : 025-232-6351(代表)

入学者選抜の方針

  • 指定校制推薦入学試験
    本学を専願とし、本学で学びたいという強い意欲を持ち、平素の学習が特に優れた者を指定学校長の推薦に基づいて、小論文、面接試験、提出書類をもって総合的に選抜する試験です。
  • 公募制推薦入学試験
    本学を専願とし、本学で学びたいという強い意欲を持ち、平素の学習が優れた者を出身高等学校長または中等教育学校長からの推薦に基づいて、小論文、面接試験、提出書類をもって総合的に選抜する試験です。
  • 一般入学試験
    本学の教育方針、教育内容を十分に理解し、かつ本学で学びたいという強い意欲を持った者を、本学が課す試験科目および面接、提出書類をもって総合的に選抜する試験です。
  • センター試験利用入学試験
    本学の教育方針、教育内容を十分に理解し、かつ本学で学びたいという強い意欲を持った者を、本学が指定した大学入試センター科目および面接試験、提出書類をもって総合的に選抜する試験です。
  • AO入学試験
    本学を専願とする者で、歯科技工士、歯科衛生士の職業内容や明倫短期大学の教育方針、教育内容を十分に理解し、本学で学びたいという強い意欲を持ち、本学が求める基本的学習能力、職業への適性がある方を、作文試験、面接試験、提出書類をもって総合的に選抜する試験です。
  • 社会人特別選抜入学試験
    本学を専願とし、社会経験に基づく高い目的意識と勉学への熱意を持った者を小論文試験、面接試験、提出書類をもって総合的に選抜する試験です。
  • 外国人留学生入学試験
    本学での修学に意欲を持って入学を希望する留学生の方を対象とし、面接試験、提出書類をもって総合的に選抜する試験です。

入学試験日程

※1 指定校制推薦入学試験の学生募集要項については、指定高等学校に個別に発送します。

※2 センター試験利用入学試験は、大学入試センターへ成績開示請求の必要があるため、出願期間に注意してください。

2021年度(2020年度実施)大学入学者選抜について(予告)

《第1報》

明倫短期大学では、大学入学者選抜改革の趣旨を踏まえ、2021年度入試(2020年度実施)の入学者選抜において、志願者の「学力の3要素(①知識・技能、②思考力・判断力・表現力、③主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度)」を、より多面的・総合的に評価するため、大学入学共通テスト(以下、共通テスト)及び大学入試英語成績提供システム(以下、英語成績提供システム)の利用予定、本学の入試制度の変更について、以下の通り予告いたします。なお、詳細については決定次第、順次公表する予定です。

1.入試区分について
各入試区分の名称が下記の通り変更となります

変更前 変更後
一般入試 一般選抜
推薦入試 学校推薦型選抜
AO入試 総合型選抜

  

2.共通テスト及び英語成績提供システムについて

  1. 共通テストの利用について
    2021年度大学入学者選抜より、「共通テスト」を利用します。「共通テスト」の成績を利用した入試については、全学科の一般選抜の入試区分において設定します。「共通テスト」の成績の利用にあたっては、マークシート式問題の成績に加え、記述式問題の成績も合否判定の評価対象とします。

  2. 国語の記述式問題について
    国語の記述式問題の段階別表示については、本学が定める基準にもとづき結果を点数化し、マークシート式問題の得点に加点します。

  3. 数学の記述式問題について
    数学の記述式問題については、段階別表示ではなく配点がなされることから、マークシート式問題と合計した点数を、合否判定に活用します。

  4. 英語の4技能評価及び英語成績提供システムの利用について
    英語の4技能(読む、聞く、話す、書く)を総合的に評価するため、「共通テスト」と「英語成績提供システム」を利用します。「共通テスト」の成績のみを利用する場合は、マークシート式問題の点数を合否判定に活用します。「共通テスト」に加えて、「英語成績提供システム」の成績も利用する場合は、当該システムに参加する全ての試験の成績を、合否判定の評価対象とします。また、当該成績については、本学が定める基準にもとづき結果を点数化し、「共通テスト」の英語の得点に加点します。
    なお、「英語成績提供システム」に登録された最大2回までの成績については、CEFRの段階やスコアの良い方の成績を利用します。

 
 
3.調査書等提出書類の活用について
入学者選抜において、多面的・総合的な評価を行うため、全ての入試区分において、調査書及び志願者本人が記載する資料等を合否判定に活用します。なお、「JAPAN e-Portfolio」について、2021年度入学者選抜においては活用する予定はありません。

2021年度(2020年度実施)大学入学者選抜について(予告)

《第2報》

2019年11月1日(金)に、文部科学大臣より発表のありました大学入試英語成績提供システム(以下、英語成績提供システム)導入延期の決定を受け、明倫短期大学では2021年度入学者選抜における英語民間試験結果の活用を取りやめます。

本学では2019年9月27日付で公表しました第1報において、大学入学共通テスト(以下、共通テスト)の成績を利用した入試を、全学科の一般選抜の入試区分に設定し、英語の技能については共通テストに加えて英語成績提供システムの成績も利用できることとしておりました。しかし、英語成績提供システムの導入が延期となったことから、英語民間試験結果の活用を取りやめ、英語の技能については共通テストの得点をそのまま合否判定に活用することといたします。

※本予告は予定であり、今後変更となる可能性がありますので予めご了承ください。