明倫短期大学

明倫短期大学は、新潟市西区にある、歯科技工士・歯科衛生士を養成する短期大学です。

学長通信

明倫短期大学の平成30年度は始まりました
本年度もよろしくお願いします

2018年4月18日

 4月7日に入学式を挙行しました.
 健康長寿を目指す我が国では、今、高齢社会の成熟に向けて、医療福祉の充実が緊急の課題です.歯科技工士、歯科衛生士という口腔の医療専門職を目指す青年諸君が、医療福祉の道を学ぶために日本の各地から本学に来てくれました.
 入学式の1週前には.昨年度の国家試験の発表がありました.3月に卒業した本学の歯科技工士学科と歯科衛生士学科の卒業生諸君は、全員合格してくれました.
 本年入学した学生諸君も、先輩に続いて優秀な成績を上げてくれることを期待しています.

【入学式に臨んだ新入生と保護者の皆さん】

【新入生の代表が本学で学ぶ志を語ってくれました】

 本年は、1月の第2週目には豪雪に見舞われるなど、厳しい寒さから始まりました.
【豪雪の金曜日には、大学前の坂道は深い雪に覆われ歩くのも困難なほどでした(右).学内の駐車場には車が入れず、校舎の玄関前に円陣を作り・・・(左).】


 3月から4月にかけて天候は回復、暖かな好天が続き、校庭の大島桜がはじめて開花しました.本学校友会55周年記念として 2016年春に植樹された桜で、本年はじめて美しく開花しました.
 これから、毎年春に美しく咲き揃ってくれることでしょう.
  


  東京・目黒の自然教育園では、カワセミが元気に姿をあらわしていました.これから営巣の季節になってきますね.
【下嘴が赤いカワセミの雌です.小枝の上で獲物がやってくるのを待っているのでしょうか(左).池の中に餌の魚を見つけたのでしょう.突然飛び立ちましたよ(右).一気に急降下です.狩りは成功したかな?】