明倫短期大学

明倫短期大学は、新潟市西区にある、歯科技工士・歯科衛生士を養成する短期大学です。

学長通信

収穫の秋がやって来ます

2017年9月14日

 学生諸君には緊張した修学の毎日に追われて、やっと息抜きできた夏休みだったかもしれませんが、この休みも終わり修学の成果を得る秋へと季節は進んでいきます.
 新幹線の車窓からは、蒲原平野の豊かに実った稲穂の刈り取りが、弥彦山と角田山を背景に進んでいる光景が、見られるようになって来ました.

図1 初秋の様相を見せる蒲原平野
 新幹線の車窓から角田山を背景に、稲穂の刈り取りが進み秋の様相を示し始め、蒲原平野が大学も修学の充実する季節が来たことを教えている.


 学年歴が後期に入りますと、歯科技工士学科の2年生、歯科衛生士学科の3年生諸君にとっては、来春に施行される国家試験にそろそろ照準を合わせて準備のレベルを高めなくてはいけない頃と思います.また、臨地・臨床実習が始まる歯科衛生士学科の2年生の学生は、学外での実習に一抹の不安を感じながら、心の備えをした夏休みになったことと思います.


 さて本学には、本科を卒業してさらに進学する認定専攻科が設置されています.ここでこの専攻科についてご紹介してみましょう.
 明倫短期大学では、歯科衛生士学科は3年間、また歯科技工士学科では2年間の本科における修学後それぞれ国家試験を受験して合格すると、晴れて歯科衛生士、歯科技工士となることになります.
 さらに本学には、本科の卒業後に歯科衛生士学科では1年、歯科技工士学科では2年間の専攻科で、さらに高度な修学を行うコースがあります.これらのコースにおいては本科と専攻科を併せると合計4年の修学年限となります.
 高校を卒業後に4年間の教育を受けると、通常の大学であれば学士号を得て卒業となります.一方これまでの短期大学においては、本科の卒業時に短期大学士の学位記が授与され、専攻科修了時には修了証書が授与されておりました.
 しかし、短期大学の2年あるいは3年の本科を卒業した者に対して設けられた専攻科について、その教育課程が「独立行政法人大学改革支援・学位授与機構」の審査と認定を受けると、さらに高度な教授研究を基に修学を行う場として「認定専攻科」と呼ばれ、この課程を修了し同機構の審査を経た学生は、4年制大学卒業に相当する学士の学位、「学士(口腔保健学)」を得ることができます.
 

本学における「学士(口腔保健学)」への修学期間

図2 本学に設置されている認定専攻科の修学期間を示す
 歯科衛生士学科(左図)は3年間、また歯科技工士学科(右図)では2年間の本科における修学・卒業後に、歯科衛生士学科では1年、歯科技工士学科では2年間の認定専攻科で、さらに高度な修学を行うコースがあります.本科と認定専攻科を合わせて4年の修学を終えると、4年制大学卒業生と同様に「学士(口腔保健学)」の学位を得ることが可能になります.
 

 本学の歯科技工士学科の専攻科生体技工専攻も、先に認定されていた歯科衛生士学科専攻科口腔保健衛生学専攻に引き続いて、本年4月より認定専攻科と新たに認定されました.
 これによりまして、歯科技工士学科においても、2年間の本科に続きつづいて認定専攻科の2年間の課程を修了し、学修成果や小論文試験の審査を経て、4年制大学卒業生と同様に「学士(口腔保健学)」の学位を得ることが可能になりました.
 現在4年制の大学において、歯科技工士および歯科衛生士の養成養育をしている機関が存在しています.これらの大学では、本学の認定専攻科と異なり、4年間の修学後にそれぞれ「学士(口腔保健学)」の学位を取得して、その後国家試験を受験し合格することで、歯科技工士および歯科衛生士になります.
 本学においては2年(歯科技工士学科)あるいは3年(歯科衛生士学科)の本科卒業後に国家試験を受験して、それぞれ歯科技工士と歯科衛生士の資格を得た後、新たな意志.意欲をもって認定専攻科で修学し、学位取得に臨むという大きな違いがあります.


 これまで、歯科衛生士、歯科技工士は患者さんの咀嚼・嚥下機能を回復できる口腔ケアや高度な義歯が製作できることを主な目標に修学してきました.優秀な技術を持つことは歯科衛生士、歯科技工士の必要条件であることは言うまでもありません.
 これから求められてくる特に高齢者医療においては、他の医療技術者と連携しながら健康長寿を獲得するための医療が行われていくことになります.歯科衛生士、歯科技工士も例外なく医療職者の一員として、他の医療技術者と協働して地域医療を担う者となっていかなくてはいけません.


「平成27年度介護報酬改定の骨子」(厚生労働省)

「平成27年度介護報酬改定の骨子」(厚生労働省)より

図3 高齢者の健康維持に活躍できる歯科衛生士・歯科技工士が求められている
 高齢者が自分の口から食事が出来るようになることが、健康長寿のために欠かせない.これを支援するのが図中央の種々な医療従事者であるが、この中にある歯科衛生士と同様に歯科技工士も欠かせない専門職と認識されるようになってほしい.
 

 ところで、他の医療技術者の養成機関の殆どは3年あるいは4年の修学期間となっています.
 現在、歯科技工士の領域では、養成施設は全国に五十数校あるなかで、4年制大学と2年制の短期大学は明倫短期大学を入れて5校のみです.明倫短期大学に社会からの期待が大きいことはご理解いただけると思います.
 健康長寿を指向する我が国の医療の中で、歯科技工士と歯科衛生士がその役割を果たしていくために、その指導者を養成する機関として認定専攻科の教育課程が社会から求められており、本学の今後の教育が医療の現場から大きな期待を寄せられています.
 このような社会の現状をご理解して下さり、広く皆様の認定専攻科への進学もお考えいただけましたら幸いに存じます(図3).



 

図4 秋になると都会の中の林にもいろいろな小鳥が戻ってくる

図5 林の周囲には秋を告げる彼岸花が、赤い花びらを幾十にも誇示していた


 東京・葛飾区の水元公園で撮影できたキビタキをお見せしよう.頭の首の部分と背中に鮮やかな黄色い羽をまとって、高い木の上で存在を主張しています(図4).その林の隣では水路に沿って彼岸花が咲き誇っていました(図5).