明倫短期大学 Homeへ

明倫短期大学は、新潟市西区にある、歯科技工士・歯科衛生士を養成する短期大学です。

歯科衛生士学科

お口の健康を守る仕事

歯科医師と協働し、歯科疾患の予防や口腔衛生の向上を通して、歯やお口の健康をサポートする専門職。「自分の歯で食べる」「楽しく話す」といった健康でいきいきとした生活を支えます。

歯科衛生士の主な仕事

歯科予防処置

歯科予防処置とは、むし歯や歯周病の予防です。
歯に付いた歯石は放っておくとむし歯の原因になります。こうした歯石を除去したり、予防のためにフッ素を塗布することは、 歯科衛生士の大切な仕事です。

歯科保健指導

小学生や中学生の頃、大きな歯の模型と大きな歯ブラシを使って、正しい歯の磨き方を教わったことはありませんか?
歯みがき指導は、下は乳幼児から小・中学生、上は高齢者まで幅広い年齢層の人々を対象としています。 また、歯科衛生士の行う「歯科保健指導」は、単に歯みがき指導を行うだけでなく、 「むし歯にならないようにする食生活」から健康管理にいたるまで、口腔の衛生全般に関する相談や 機能訓練なども含まれます。

歯科診療補助

歯科診療補助は、歯科医療が円滑に進むよう歯科医師をサポートし、患者さんの不安や緊張を 和らげる大切な業務です。
歯科医療がスムーズに進むために、歯科衛生士は、歯科医師が必要とする器具や薬品を察知して、 あらかじめ用意し渡していきます。 そのためには、歯科衛生士が治療のプロセスを理解しておく必要があります。
また、患者さんの不安や緊張を和らげるために、患者さんの様子には常に目を配り、 何かあったらすぐに対処できるような体制で治療に立ち会うことも大切な役目です。

歯科口腔介護

身体全体に影響を及ぼす歯の健康を保つことはとても重要なことです。
歯が健康であれば、食事が美味しくなり、生活に喜びを見出すことができます。また、かむことで脳を刺激し、 痴呆の防止になります。さらに、口の中を清潔にすることは、肺炎などの疾患予防にも繋がります。

歯科衛生士は、寝たきりのお年寄りや障がい者の口の中を清潔に保ち、高齢者特有の 病気を予防したり、食べる事や話す楽しみを高めていきます。

歯科衛生士になるためには

歯科衛生士として働くためには国家資格が必要です。 その国家資格を取るためには専門の養成校で学び、歯科衛生士として 必要な知識と技術を身につける必要があります。 明倫短期大学では万全のサポート体制で、 歯科衛生士国家試験合格へと導きます。

「歯科衛生士」と「歯科助手」

「歯科助手」も「歯科衛生士」も、歯科医師の治療補助を行うという点では同じ職種と言えます。 しかし、「歯科助手」には特に必要な資格は無く、歯垢の除去や歯科保健指導など、 直接患者さんの口に触れる事が法律で禁止されています。  それに対し「歯科衛生士」は一定の教育を受けた上で得られる国家資格をもち、 歯科診療補助以外にも、歯石除去などの歯科予防処置や、歯みがき指導などの歯科保健指導を 行う事ができます。